FX初心者は為替の変動要因を知ることが重要

FX初心者 為替 変動要因 

FX初心者は為替の変動要因を知ることが重要

為替ははさまざまな要因で変動する

為替の変動要因はたくさんあります。
世界中の全ての経済的な行動が為替に影響して変動していると言っても過言ではない。要人のちょっとした発言や動きなど、どれ一つとっても語りつくせないほどです。しかし、要因を知っているのと知らないでは大違いです。

 

その中でも代表的な為替の変動要因を挙げてみたいと思います。

 

アメリカ中央銀行・FRB議長の発言に注目

テレビなどを見ていると、毎日のようにFRB議長の発言を報道していますね。FRB議長の発言で為替が動くことはよくあることです。
このように、各国政府の財務相や中央銀行幹部などの発言は、為替変動に大きな影響を与えるのです。

 

FRB議長、ECB総裁、日銀総裁などの発言には注目しておきましょう。
そのほかには、米国の財務長官や各国の財務次官、金融当局者や政府高官の発言にも注意しておきましょう。

 

政策金利の変動

一般的に金利が高くなった国の通貨は上昇し、金利の低くなった国の通貨は下落する傾向にあります。
したがって、各国の政策金利が発表時は注目しておきましょう。

 

米国の経済指標が重要

経済指標は毎日どこかの国で発表されているもので、各国のGDP(国内総生産)や貿易収支といったデータなどのことを指します。あらかじめ市場予想があり、その予想に対して良かったのか悪かったのかで為替は変動します。

 

対前年比、あるいは前回比で悪くなっていたとしても、事前の市場予想値よりもよくなった入れば、どちらかといえば「良い」という判断になるので、市場予想がどのようになっているのか前もってチェックしておくことが重要です。

 

現在は何といっても米国の経済が中心なので、米国の経済指標が一番注目されています。サマータイム(夏時間)では日本時間の午後9時30分と午後11時00分、冬時間では日本時間の午後10時30分と午前0時00分に発表されることが多いです。

 

戦争やテロの影響が大きい

戦争やテロが起きた場合は、経済活動が停止することがあるため、その国の通貨は下落しやすくなります。
またその国と密接な関係にある国の通貨も下落する傾向にあります。

 


ホーム RSS購読 サイトマップ