チャート、移動平均線は参考程度に

チャート

チャート、移動平均線は参考程度に

FX取引においてチャートとは相場の動きを予測する手段の一つ

チャートといってもいろんなタイプがありますが、私達にとって一番馴染み深いのが「ローソク足」という表示法です。白や黒の長細い四角形の上下にひげがあり線を引くことにより今後の動きを予測するというものです。

 

ロウソク足

 

ロウソク足

ただこのチャートを見ればこの後どうなるかというのは単なる"傾向"であって決め付けてはいけません。

 

ただ、このチャートを覚えておくと、ただ漠然と相場が上がった下がったを追いかけているよりかははるかに有利です。

 

何よりも"相場観"が磨かれます。

 

ロウソク足の見方

 

トレンド

 

上記のローソク足をトレンド転換サインとしてみることが出来ます。ローソク足は上図のように何本かの組み合わせで相場を判断することもあり、それぞれの線が現れる 相場水準によっても判断が変わってくることもあります。

 

移動平均線で方向性をつかむ

移動平均線は、相場のジグザグな動きを慣らして滑らかにして相場の方向性を見やすくしたものです。株式市場では、移動平均線と相場位置の関係に注目した「グランビルの法則」が使われますが、外為市場においては2本の移動平均を利用する「ゴールデン・クロス」と「デッド・クロス」が使われることが多いです。

 

【ゴールデンクロス】

 

短期の移動平均線が、中期の移動平均線を下から上へクロスすることを「ゴールデンクロス」と呼ばれ、買いのサインとなります。

 

移動平均線_上昇

 

 

【デッドクロス】

 

ゴールデンクロスの逆で短期の移動平均線が、中期の移動平均線を上から下へクロスすることを「デッドクロス」と呼ばれ売りのサインとなります。

移動平均線_下落

 

【移動平均線の弱点】

一見移動平均線を見れば完璧に見えますが、移動平均線にも弱点があります。

 

それはトレンド転換後、新しいトレンドが発生したことを示すシグナルを発するのが遅いということです。
移動平均はトレンドを追いかけるもの、つまり結果であり、先読みできる指標ではないため、市場の動きを予測することは難しいです。
そのため、移動平均だけで取引しても常に利益を得ることは難しいといえます。

 

為替の予測にはテクニカル、ファンダメンタル分析を活用しよう

為替の将来の予測をするための材料は、実にさまざまです。同じテクニカル分析の中でもチャートをはじめ、MACDやRSIなど、実に数多くのバリエーションがあります。

 

それらを組み合わせて使うことによって、今後の予測の確立が上がっていくのです。また、テクニカル分析は過去の為替の値動きを統計的に分析したものですが、実際の相場は統計的傾向に反する動きをすることもあります。

 

相場の要所、要所で、ちゃーとを含むテクニカル分析とファンダメンタル分析を上手に使い分けるようにしましょう。


ホーム RSS購読 サイトマップ