通貨ペアとは2つの通貨の組み合わせ

通貨ペア

通貨ペアとは2つの通貨の組み合わせ

FX取引において通貨ペアとは2つの通貨の組み合わせ

通貨ペアとはFXで使われる2つの通貨の組み合わせのことを言います。FXではこの通貨ペアの間の交換レートの値動きに対して投資できるという金融商品です。

 

FXというのは、通貨の交換ですから、交換するには必ず2つの通貨が一対になっている必要があります。だから、これを「通貨ペア」と呼んでいるのです。FXでは実際に、驚くほど様々な通貨を取引することが可能です。

 

しかも、FXは証拠金を担保に取引きをするため、証拠金として入金した「円」を介さない通貨ペア取引も可能です。実際に取引する際の知識としては、アメリカ、ユーロ、日本、イギリス、スイスを中心に、カナダ、オーストラリアの通貨ぐらいまでのメジャーなものだけで十分です。

 

一般的にも、ここまでを"メジャー通貨"に当たると考えていいでしょう。ご存知の通り、世界経済はアメリカ中心で回っています。米国の通過である「米ドル」は、まさしく世界の基軸通貨として機能しています。

 

一方で、FXではニュージーランドや南アフリカ、トルコやアイスランドなどの経済的にマイナーな国の通貨も取引することが可能となっています。しかし、これらの通貨は"マイナー通貨"と呼ばれ。高金利という魅力の一方で、経済規模が小さく不安定で自分の大切なお金を預けるには不安要素の方が大きいといえます。

 

通貨ペアは初心者ならメジャーな組み合わせで

FXを初心者が始めるなら、まずはメジャーな通貨ペアがオススメです。マイナーな通貨になると情報量が少ないうえに、変動幅も大きいため、慣れない初心者には難しいからです。

 

特に馴染みのある「ドル」「円」「ユーロ」「ポンド」の組み合わせがオススメです。情報量も豊富な上に「スプレッド」もマイナー通貨と比べると狭く、有利に設定されています。

 

それに、メジャー通貨を取引することは、為替相場自体の勉強にもなります。以前は「有事のドル買い」と言われ、戦争があればドルが買われていました。今では金融危機回避のための円買いが特徴的だったりします。


ホーム RSS購読 サイトマップ