FX初心者ができるネットトレード環境は?

FX初心者 ネットトレード環境

FX初心者ができるネットトレード環境は?

FXトレードにはある程度のネット環境が必要

トレード環境

FXトレードは、インターネットを利用して全ての取り引きができるのが一番の魅力です。

 

株式投資ではすでに、インターネットを利用して取り引きが行えるようになっていますが、かつては証券会社に足を運んで売買するしかない時代もありました。

 

ただ、諸事情により今でも証券会社の窓口に電話して、取り引き注文を出している個人投資家もいます。

 

しかし、FXでは、FX窓口で人を介して注文することはなく、すべてインターネットでの取り引きが行なわれています。

 

FXトレードを行うにはFX会社のトレーディングシステムを利用することになりますが、最近のFX会社のシステムは機能が豊富に盛り込まれており、インターネットの回線やパソコンのスペックなどのよっては、快適に使えないどころか、ココぞという時に機能しなくなる可能性も少なくありません。

 

以下がFXトレードを行うにあたっての推奨環境です。


ハードウェア(パソコン本体)推奨スペック
パソコンのCPU、メモリ、HDD容量等

CPU=1GHz相当以上メモリ Windows XP =512MB以上 Windows Vista =1GB以上 Windows 7 =1GB以上HDD容量=5MB程度
通信回線 ADSL、光ファイバー
ブラウザ Internet Explorer8.0以降
ディスプレイ 解像度:1024×768 ピクセル カラー:65536色以上
必要なソフト Java、Adobe Reader

 

FXトレードのネット回線は光ファイバーが原則

FXトレードはスピードが勝負です。世界の通貨ぼ動きは年々スピードアップしており0.1秒でも前後するだけで投資金額によっては数100万円も損する(儲かる)のは当たり前の世界です。

 

そんなときに回線が遅かったり不通になっていてはせっかくのチャンスをみすみす逃してしまうかもしれません。そこでお勧めなのがNTTの光ファイバーです。

 

NTTだから知名度は抜群ですから品質には問題ないし、サポートもしっかりしています。プロバイダーも「ビッグローブ」を利用することでセキュルティも安心できますよ。

 

今なら40,000円キャッシュバックや42000ポイントなど、様々な特典が選べてとってもお得になっています♪

 

【ビッグローブ光】の詳細はこちら⇒

パソコン買い替えるなら通販がお得!

今使っているパソコンの動作が遅いなあって感じることはありませんか?

 

トレードでもスピードは大切です。いざ決済しようとしてもパソコンがフリーズして大きなチャンスを逃すかもしれません。あるいは回線が遅くてタイミングを逃してしまうかもしれません。

 

ココは回線とパソコンスペックを今一度見直して交換を考えてみてはいかがでしょうか。

 

当サイトがおススメするのがBTOパソコン専門通販ショップのドスパラです。上記のスペックを参考にしてください。

 

ドスパラなら最短で関東地域なら即日配達。カスタマイズしても2日で配達可能です。しかも余分な経費がかかっていないので格安で高性能パソコンを手に入れることができます。


ホーム RSS購読 サイトマップ